2012年 04月 11日 ( 2 )

卒業旅行(2)

okirakuはジェットコースターが大好きである。もちろん我が子もそうである。しかし、12名もいれば、苦手な人間もいる。ここで別行動をとればいいものを、そんな家族に限って、類まれなる方向音痴にして段どり下手なため、有無を言わせず連れ回す。


並んでいる間、「なぁ、なぁ、これって怖い?落ちる?どうしようか?俺大丈夫かなぁ?」と聞いてくるkeigo君。「乗ってみんと怖かったかどうか分からん。平気かどうかまずは経験してみればいいじゃん。」とokiraku。「okiraku母さんって怖いものってあるん?」と聞かれ、「とりあえずディズニーで怖いものはない。あえて言うなら生きている人間よりも怖いものはない!!」と答える。


またまた並んでいる間、「なぁなぁ、okirakuさんって、怖いものなしじゃが~、ジェットコースターって乗る前のドキドキも楽しみじゃと思うけど、そんなんで乗ってて楽しいん?」とtakuki母に聞かれ、「・・・。乗るという楽しみよりも、いかに手を離して楽しそうに写真に写るかを目標としている。カメラ目線はなかなか難しい。」と答える。kentoは「俺、今度は無表情で映ってみよ~っと。」と言う。

c0100565_15193518.jpg


どうでしょうか?個性が出ていて、笑えるし~。

keigo母は一気に老けてました(笑)。
[PR]
by kensou9900 | 2012-04-11 15:29

卒業旅行(1)

先週、東京ディズニーリゾートへ行ってきた。4家族総勢12名で2泊3日の旅である。


子どもらの個性も強烈であるが、その母はもっとキャラが濃い。この集団を引き連れて、3日もの間、okirakuの体力と気力は持つのだろうかと、一抹の不安を抱いて出発したのだが、無事帰宅して安堵の気持ちでいっぱいである。


1日目、始発で出発し、昼前にはインパーク。日本列島に強風が吹き荒れ、まさに春の台風の中、ディズニーランドで遊び倒す。雨と風の中、カッパやポンチョを着込み、9つのアトラクションを制覇。しかし、最も強烈なアトラクションは歩いているだけでカッパを破り、ポンチョを脱がす程の凄まじい強風。真冬使用の格好で出かけて大正解であった。そこまでして遊ぶのかと問われると、そこまでしても遊ぶのである、と答えるしかないのである。


2日目、ディズニーシーへ。晴れたが風が冷たい。春休みの大混雑の中、人気のアトラクションのスタンバイの列は3時間待ち。ファストパスを取れるだけ取りながら、スタンバイへも並ぶ。見事な分業で7つのアトラクション制覇。ショーやパレードは子どもらが一切興味がないので、すべてパス。
c0100565_14374587.jpg
  


3日目、再びランドへ。やっと春らしいお天気。この日もがっちり遊ぶ。家へたどり着いたのは深夜12時過ぎのハードな旅だった。
c0100565_1438185.jpg



ものすご~く濃い人たちと、ものすご~く濃い旅行で、すごく疲れたが、すごく楽しい思い出を作ることが出来て満足である。家族旅行とはまた違う楽しさを経験できて良かったと思う。
[PR]
by kensou9900 | 2012-04-11 14:44