「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 408 )

GWの過ごし方

各地でいろんなイベントが行われ、どこもが混雑するGWに、世の中の盛り上がりとは全く無縁の生活を送ったokiraku。GWの間、毎日さまざまなグランドに通い詰めたのだった。毎朝5時に起き弁当を作り、朝から晩まで雨に降られ、風に吹かれ、日にさらされ、帰ればドロドロのユニフォームを洗濯し、不惑を過ぎたokirakuには過酷な日々であった。


GW最終日は、kentoのオープン戦と、soutaの大会が重なり、2か所のグランドを行ったり来たり。全く雰囲気の違う、中学生の硬式野球と、小学生のソフトボールの観戦を交互にして、頭の中ぐるぐる状態。


soutaはGW中、4大会に出場し、最終日のみ準決勝進出。勝てる試合も、エラーや弱気で落としていくから、もうokirakuは沸騰したやかん状態。心の中で、何度ちゃぶ台をひっくり返したことか・・・。


最終日は、soutaの打撃が爆発しホームランを4本打ったので、チームメイトにも連鎖し、今までにない出来のいい試合を見れた。やればできるじゃん、やっぱり気持ちで負けてるのよね、と確信。「俺が投げて、俺が打って、それで勝つ!!」と声高らかに宣言してるのはsoutaだけで、みんな始まる前からあきらめてるんだもの。負けることに慣れないで欲しい、と切に願います。
c0100565_13241377.jpg

c0100565_13265674.jpg


でも、今回初めて試合の後、負けて泣いてる子が何人もいた。泣けばいいってものじゃないけど、やっと試合に負けて悔しいという気持ちが芽生えた模様。おっとりしててのんびり屋のチームだけど、ここからの成長に期待してます。
c0100565_13311642.jpg


大会中、卒業した中学生のお兄ちゃんたちや父兄の方々が応援に駆けつけてくれました。「あの小さかったsouちゃんがこんなに立派になって・・・」と涙してくれるお母様方も。ほんとにありがたいことです。感謝してます。
[PR]
by kensou9900 | 2012-05-08 13:38

卒業旅行(2)

okirakuはジェットコースターが大好きである。もちろん我が子もそうである。しかし、12名もいれば、苦手な人間もいる。ここで別行動をとればいいものを、そんな家族に限って、類まれなる方向音痴にして段どり下手なため、有無を言わせず連れ回す。


並んでいる間、「なぁ、なぁ、これって怖い?落ちる?どうしようか?俺大丈夫かなぁ?」と聞いてくるkeigo君。「乗ってみんと怖かったかどうか分からん。平気かどうかまずは経験してみればいいじゃん。」とokiraku。「okiraku母さんって怖いものってあるん?」と聞かれ、「とりあえずディズニーで怖いものはない。あえて言うなら生きている人間よりも怖いものはない!!」と答える。


またまた並んでいる間、「なぁなぁ、okirakuさんって、怖いものなしじゃが~、ジェットコースターって乗る前のドキドキも楽しみじゃと思うけど、そんなんで乗ってて楽しいん?」とtakuki母に聞かれ、「・・・。乗るという楽しみよりも、いかに手を離して楽しそうに写真に写るかを目標としている。カメラ目線はなかなか難しい。」と答える。kentoは「俺、今度は無表情で映ってみよ~っと。」と言う。

c0100565_15193518.jpg


どうでしょうか?個性が出ていて、笑えるし~。

keigo母は一気に老けてました(笑)。
[PR]
by kensou9900 | 2012-04-11 15:29

卒業旅行(1)

先週、東京ディズニーリゾートへ行ってきた。4家族総勢12名で2泊3日の旅である。


子どもらの個性も強烈であるが、その母はもっとキャラが濃い。この集団を引き連れて、3日もの間、okirakuの体力と気力は持つのだろうかと、一抹の不安を抱いて出発したのだが、無事帰宅して安堵の気持ちでいっぱいである。


1日目、始発で出発し、昼前にはインパーク。日本列島に強風が吹き荒れ、まさに春の台風の中、ディズニーランドで遊び倒す。雨と風の中、カッパやポンチョを着込み、9つのアトラクションを制覇。しかし、最も強烈なアトラクションは歩いているだけでカッパを破り、ポンチョを脱がす程の凄まじい強風。真冬使用の格好で出かけて大正解であった。そこまでして遊ぶのかと問われると、そこまでしても遊ぶのである、と答えるしかないのである。


2日目、ディズニーシーへ。晴れたが風が冷たい。春休みの大混雑の中、人気のアトラクションのスタンバイの列は3時間待ち。ファストパスを取れるだけ取りながら、スタンバイへも並ぶ。見事な分業で7つのアトラクション制覇。ショーやパレードは子どもらが一切興味がないので、すべてパス。
c0100565_14374587.jpg
  


3日目、再びランドへ。やっと春らしいお天気。この日もがっちり遊ぶ。家へたどり着いたのは深夜12時過ぎのハードな旅だった。
c0100565_1438185.jpg



ものすご~く濃い人たちと、ものすご~く濃い旅行で、すごく疲れたが、すごく楽しい思い出を作ることが出来て満足である。家族旅行とはまた違う楽しさを経験できて良かったと思う。
[PR]
by kensou9900 | 2012-04-11 14:44

またまた、野球観戦。

昨日は、ソフトボールチームの子どもを連れて、野球観戦。監督、ヘッドコーチ、okirakuの大人3人で子ども16人を引率。気づけば、いつも引率者である。


平日の広島ー巨人戦に比べ、土曜日なのに楽天ーロッテ戦は球場ガラガラ。まぁ、岡山ではパ・リーグの球団はあんまりなじみがないから仕方ないのかも。野球少年がチームで来てる感じでした。


いつも内野指定席で観るけど、今回は団体行動なので外野指定席で見学。初めて、球場でプロ野球の試合を見る子たちに、いろいろ教えたりする。親が野球好きだと、子どもも選手やルールに詳しいので楽しんで観てるけど、親が野球初心者だと、ほんとに子どもも知識がないので、何をどう見ればいいのか分からない様子。しっかりレクチャーしてあげる。ただ、興味があるから上手になるのか、上手だから興味があるのか、見学の熱心さと野球のレベルは比例しているような・・・。低学年の子はもれなく食べ物に夢中で、完全に遠足状態。まぁ、予想通りの展開ですが。

c0100565_2034535.jpg


同じ球場に行っても、誰とどの位置でどんなスタンスで観るかで、全然別のイベントになるのだなぁ。小学生男子を連れ回すのは得意なので、それなりに楽しかったです。
[PR]
by kensou9900 | 2012-03-11 20:46

野球観戦

お義父さんと一緒に大好きなカープの試合を観戦。前の晩は楽しみで楽しみでなかなか寝付けなかったのである。わくわくしながら、11時の開場時間には到着。試合前の練習を見るのもお楽しみ。ローカル球場は選手が近くでよく見える。とにかく、嬉しい。

c0100565_23102950.jpg


c0100565_2313101.jpg


カープ選手なら、背番号を確認しなくても、背格好や投げ方なんかで、ちゃんと誰だか識別できる自分に驚く。興味をもったことなら、結構はまるタイプなんだよなぁ。

とにかく、シーズン到来、万歳!!!今日は楽しかった~~~♪
[PR]
by kensou9900 | 2012-03-07 23:33

さらば、ボーリング大会

120人の子どもを引率して、ボーリング大会。大型バス1台、小型バス4台の大人数。もちろんボーリング場貸し切り。子供会の6年生を送る会である。去年は130人だったが、それにしても、大仕事である。

c0100565_1617952.jpg


夕方、残務処理を終えて、家に着いた時には、もうへとへと。長かった2年間の児童育成会役員としての仕事がほぼ終わり、心の底から思うのは「あ~、しんどかった~」。ただそれだけである。

育成会として、学校行事とは別に、年間、運動会2回、夏祭り2回、春と秋のお楽しみ会、バス旅行、ボーリング大会、廃品回収6回、役員会議や草取り、印刷物の配布など、こまねずみの様に働いた。しかも、2年間!!その上、相撲大会、ドッチボール大会、サッカー大会にもかり出され、休む間なし。なおかつ、PTA役員とソフトボールチームの役員も兼ねてたから、もう何が何だか分からない忙しさ。


もう、どんだけボランティア、どんだけ地域貢献してんのよっ!!って思うが、だれに誉められるわけじゃなし。あっちやこっちの行事に参加しまくってるから、知らなくてもいい内情や、人間関係のトラブルにも巻き込まれるわで、精神的にもダメージを受けまくり。ただでさえ目立つ子どもを2人も抱えてるから、親としては地味に存在感を消してきた努力も台無しである。


ただ、我が子に小学生として、これ以上は無理ってほどの、いろんな経験はさせてやれたとは思う。それだけしなければならなかったかは、別として・・・。


この2年間で力強く思ったこと。やりたいことで忙しいのと、やらなくてはいけないことで忙しいのは、疲れ方が全然違う、ということ。で、どっちにしても、忙しいんかいっ!!


今年こそは、ちょっとのんびり出来るはず、のんびりしたいです、のんびりさせてください・・・。
[PR]
by kensou9900 | 2012-03-04 17:27

男の子クッキング

「明日うちでお菓子作りしていい?」とsouta。「いいよ~」と応えると、次の日いそいそと男の子が4人やってきた。しかも、みんなマイエプロンと三角布持参!!どんだけやる気なん~っ!?



6時間授業が終わった後の放課後だから、時間のかからないものをチョイス。生チョコ、グミ、スノークッキーの予定だったが、小麦粉アレルギーの子がいたため、クッキーをポップコーンに変更。


生チョコ班とグミ班に分け、早速取りかかる。みんな聞きわけも良く、一生懸命取り組む。生チョコとグミを冷蔵庫で冷やしている間に、ポップコーンを作る。


出来あがったポップコーンをいろんな味付けにして楽しむ。一味唐辛子、にんにく塩、ブラックペッパー、さくら塩、カレー粉、バターしょうゆ、など。大盛り上がりで、夢中。結果的にポップコーンで正解!!

c0100565_1746670.jpg


そんなこんなでポップコーンで遊んでいると、生チョコと、グミも固まり、わいわい言いながら仕上げ作業。固まった生チョコを切り分け、ココアにまぶした瞬間、あっという間にみんなの口の中。そして、ペンギンと魚の形のグミに大歓声。それでも、残りをお持ち帰りしたいという子どもたち。ちょっとずつだけど、大事そうに家に持って帰りました。


なんて、かわいい子どもたち。soutaの友人たちと、kentoの友人たちとのキャラの違いにびっくり。とっても楽しいひと時でした。
[PR]
by kensou9900 | 2012-03-02 17:54

♪ 映画 ♪

先週は映画を2本観ました。

1本目は『TIME』。
c0100565_17471543.jpg

テクノロジーの発展により老化現象を克服した近未来。25歳で生体の成長が止まると余命はあと1年。裕福な者は永遠に生きられる一方、貧しい者は今日一日を生き延びることも難しい。シビアでシュールな世界である。エンターテイメントとして、面白い映画でした。



2本目は『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』。
c0100565_1753239.jpg

大好きな父親を911のアメリカ同時テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。一緒に観たのりこあらちゃんがず~~~っと泣きっぱなしでした。しかし、この邦題はなんど聞いても覚えられません・・・。
[PR]
by kensou9900 | 2012-02-27 17:59

ドキドキの初試合

右足人差し指が何だか痒いような・・・。確認すると直径3ミリ程の小さな発疹がある。これはもしやの「しもやけ」?大人になってもなるんだ~、って驚きとちょっぴりのガッカリ。冷えたもんな~、と自分を慰める。


昨日は、今年初めてのソフトの大会だった。新チームとしても、soutaがピッチャーとしても、初の公式試合である。集合時間の朝6時の外気温-2℃。そこから12時間、夕方6時まで吹きっさらしの状態で、寒さがこたえる一日だったのである。


試合直前、「俺のグローブがない~」と言いだすsouta。はあぁぁ?これから試合というこの場面でグローブ紛失とは前代未聞の珍事である。なんという緊張感のなさ。子どもたちはグランドで集合かかってるし、父母でsoutaのグローブ大捜索。フェンスにちょこんと引っかけてあるグローブを見つけ、ぎりぎりセーフ。ありえない、ありえない、ありえない。試合前に倒れそうになるokirakuであった。


そんなこんなの大騒動を一切気にすることはなく、試合が始まるといきなりのスイッチオン。堂々とした投げっぷりで圧勝。4番打者としてもきっちり得点をあげ、いい仕事はしてました。

c0100565_23144965.jpg


各ブロック1位が準準決勝に進めるのだが、1位が2チームの場合は抽選となるという大会だったため、抽選負けで2位になってしまい敗退。残念!!だけど、soutaが絶好調で、午後からの交流戦を含めて4試合すべて勝てたので、まぁ良かったです。


チームとしてはエラーも多くて、課題はいっぱいだけど、これから1年でみんながどれだけ成長するか楽しみです。
[PR]
by kensou9900 | 2012-02-20 23:37

彼の自分史

kentoが学校で『自分史』を作成するという。名前の由来や頑張ったこと、嬉しかったこと、大変だったこと、小さいときの思い出など、家の人にインタビューして、何を書くかを考えてくる、という宿題がでた。


年表形式で思いつくまま書きだしてみたところ、それは怪我の歴史になってしまった。
テーブルから転落 ひじ脱臼。ベットから転落 ひじ脱臼。まわっている駒に飛びつき ひじ脱臼。ソファーから飛び降り まゆ3針縫う。砂利道を後ろ向きで走り転倒 後頭部3針縫う。自転車で転倒 全身血まみれ 痛さとショックで保育園休む。自転車で車にはねられ うっかり死にかける。
打撲、すり傷は数知れず。なんか 改めて書き出して見るとショックである。


いやいや他にもあるだろう。ガラスの瓶にナメクジをぎゅうぎゅうにつめたものを玄関で割りやがった、クワガタが夜中に家を徘徊し枕元でガサガサいってて驚かされた、セミが虫籠にぎっしり入れられかさかさになってて困った、とか。あと、へびや魚やハムスターなどなど。


しでかしてしまった系では、ディズニーランドで停止したジェットコースターから通路に降りずに線路に落ちたり、スーパーの自動扉に挟まれたり、友達の足を踏んで骨折させたり、車を破壊したり。それにしても いろんなものを壊したよなぁ。


っていうか、これって黒歴史じゃん。こんなんなん!?彼の自分史。ひどすぎる。おバカな男の子のエピソードで本が書けそうである。

こんな子をここまで育てた私ってすごいっ!!よく頑張ったよな~、私。ここでは述べないが もう一人soutaという派手な黒歴史を持つ子どもとダブルでなんて、泣けてくる。そしてしみじみ、人生って修行だなぁ~、と思う。



落ち着け、私。彼の輝かしい歴史を思いだすんだ。
ホノルルマラソンも完走したし、自転車レースでも入賞したし。ドッチボール大会、すもう大会、サッカー大会でも表彰されたし、6年連続スポーツテストでAバッチだし。ソフトボールでは何度も優勝して、いっぱいメダルももらったし。・・・・・・スポーツだけ!?
スポーツだけでも十分です。


長所と短所は紙一重である。元気さゆえに怒られて、元気さゆえに誉められる。


ちなみに、『健康で、どんな困難にもくじけず、人生という山を登りきれ』という願いを込めてつけたのが、名前の由来である。名は体を表す、というのはホントでしょうか。


kentoの宿題を前に、我が人生をも振り返るokirakuであった。
[PR]
by kensou9900 | 2012-02-06 11:09