「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

よく頑張りました。

今月某日、kentoの所属するソフトボールチームの今年最後の公式戦が終了した。


5連覇していた大会で勝ちを逃し、有終の美を飾ることが出来なかったのは残念だったが、今までずっと子どもたちが頑張ってきたことを誉めてあげたいと思う。

kentoは1年生の4月から、6年間ほとんどすべての週末をソフトボールをして過ごした。厳しい練習に根をあげることもなく、暑い日も寒い日もグランドに通い詰めた。


振り返ってみて、忘れられない一番印象的な出来事は、高学年になりチームの中心選手として活躍したシーンではなく、3年生の秋ごろのkentoの涙である。試合から帰るたび、「今日も俺は出してもらえんかった。俺が試合に出れる日はくるんじゃろうか・・・。」と背中を丸めて涙ぐむkentoの姿である。悔しくて悲しくて、でもそんな気持ちを友達に気づかれるのも嫌で、というkentoを思うとokirakuも切なかった。確かにkentoより上手ではない子が大人の事情でレギュラーになっていた事実もあり、正直okirakuも、このままのチーム方針であれば他へ移ったほうがいいかもなぁ~と心が揺れた時期だった。


それでも「kentoは下手じゃないけど、だれよりも上手というわけでもない。一番足が速いわけでもない。一番守備が上手いわけでも、一番打てるわけでもない。一番ルールに詳しいということもないし、一番やる気がみえるわけでもない。何をやってもそこそこで、kentoにはアピールポイントがないんよ。そんな子は母さんが監督なら使わない。悔しいと思うなら、何をやれば試合に出れるか考えて練習しなさい。誰が観たって一番上手なら試合に出れます!!」と突き放したのだった。小学3年生には厳しいかと思ったが、「こんなことは人生どんな場面でもしょっちゅうあることで、その度にくじけていてはどうにもならないのだから、あきらめるな。」とも叱咤激励した。


その後、監督、コーチが変わり、目に見えて実力もつき今に至るのだが、kentoに当時のことを聞くと「今思えば、俺は下手だったわ~。仕方ないわ。」とさらりと答えた。成長したな~、と嬉しかった。

c0100565_1291368.jpg
2009-2011年 kentoが出場した試合でもらったメダル


現在、kentoは学区内の6年生2チーム合同での新チームで活動中。6年生大会にあと二つ出場予定。


そして中学生になったら、新たなステージに挑戦します。
[PR]
by kensou9900 | 2011-11-29 12:29

マネーボール

c0100565_2311250.jpg


上映予告を見て、どうしても観たくなった『マネーボール』。実在の人物をモデルにした実話。ビリー・ビーンというメジャーリーグ「アスレチックス」のGMの話で、野球映画というより、彼の生き方をクローズアップした話なので、野球に興味のない人でも共感できる映画ではないでしょうか。


常識にとらわれず、自分の信じる行動をとる時に受ける批判や逆風は、どこの世界も一緒なんだなぁ、と思います。okirakuとしては、いろんなことを考えさせられた作品でした。すごくいい映画だったと思います。


貧乏球団が20連勝という記録を打ち立てる瞬間を一人ジムのテレビで観るビリー(ブラッド・ピット)のシーンとラストの方で、マイナーリーグの太っちょの選手のビデオをビリーが観るシーンが特に良かった~。太っちょ選手(名前忘れた)のくだりを説明すると、超ネタばれになるので映画で観てください。


そして、やっぱりブラピはかっこいい。
[PR]
by kensou9900 | 2011-11-21 23:26