手作り(されたモノ)が好き♪

c0100565_12173481.jpg


この夏のお気に入り♪ ヘビロテバッグです。

なんと手作り。hirokoちゃん作です。



先日『手芸センター ドリーム』に立ち寄ったokiraku。いろんな手作りキットがひしめく店内でokirakuが手にしたのは、「ゼッケンシール」。なんと縫うこともアイロンも必要ない、貼るだけ布シールのゼッケンを発見!!「すっげ~、世の中進歩してるわ~」とほくほく顔のokiraku。



ボタンとゼッケン以外のものはつけません、と宣言して生きているokirakuにとって、手技の光る作品を作り上げる人は尊敬に値します。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-07-13 12:33

お土産は・・・

鹿児島、屋久島へ旅行に行っていたパートナーが帰宅した。


出発前、パートナーから「子どもたちへのお土産は何がよかろうか」と尋ねられたので、「ワンピースの御当地キーホルダーのようなものを喜ぶだろう」と答えた。



その結果・・・




c0100565_14152340.jpg




「えへへ。大人買いしちゃった。」だって。



買いすぎでしょうがっ!!



もちろん、子どもの心、わしづかみ。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-07-08 14:27

キラ☆キラ ネイル Part 14

c0100565_1104136.jpg


今月もさわやかなブルー。今回はピーコック柄。お気に入り♪♪♪
[PR]
# by kensou9900 | 2011-06-30 11:02

二人ぼっち。。。

なんて穏やかで爽やかな朝なんだろう。今朝はokirakuとkentoの二人だけ。このシチュエーションは初めてかも。昨日からsoutaはお泊りの海の学習でいないし、パートナーは早朝から釣りのため、いない。のんびりとした朝ごはんをkentoと二人で満喫した。


いつもいる子が一人いないだけで、静かでゆったりする。なんだかちょっと特別な感じな朝にkentoの様子も違う。友達の話や最近思っていることなんかをいっぱい話す。


ずっといないのはさみしくて仕方ないけれど、たまにはいいなぁ、としみじみ思う。しょうもないことで張り合って大声出して小突きあう、おバカ兄弟のざわざわした存在感に圧迫されることがないだけでも、ものすご~く癒されるってもんです。


といいつつ、もうすでにsoutaが恋しかったりして・・・。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-06-28 10:26

映画『もしドラ』

最近soutaは前田敦子が好きである。以前は北野きい、その前は中川翔子だったが、ここへきて前田敦子へチェンジしたらしい。「AKB48だったら、やっぱり前田敦子が一番かわいいわ~」と言う。その横でkento、「俺あんまり区別がつかんわ~」と、いい歳をしたおっさんのようなことを言う。大丈夫か!?kento!!大丈夫なのか?あんたの将来がなんだか心配だ。


そんなsoutaが映画『もしドラ』を観たいと言い、とにかく若者がスポーツをする映画が好きなkentoも『もしドラ』が良いというので、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』を観てきた。


c0100565_15531181.jpg


ストーリー的にも野球のシーンも、突っ込みどころ満載な映画だったけど、まぁ話題作ってことで。前田敦子主演作品として鑑賞するのはありだけど、青春野球映画としては厳しいかもねぇ。

身を乗り出して一生懸命観てたわりには、映画が終わった後、子どもたちが「あのバットの振り方じゃあ当たらんし」「あの守備はないよな~」「あんな感じで勝ち進むってありえんし」と口々に感想を述べ、「でも、まぁ、映画じゃしな」と大人な意見で落ち着いているのがおもしろかった。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-06-21 16:40

あこがれのAバッチ

kentoのテンションが上がり気合が入りまくる年中行事は数々あれど、その一つである『体力テスト』が終わった。5月末の運動会後の体育の授業で、体力テストが行われていた。50メートル走、20メートルシャトルラン、ソフトボール投げ、などなど。okirakuが子どもの時と同じ種目もあるし、変ったものもある。


okirakuが子どもの頃はスポーツテストという名称で1級だとバッチがもらえた。現在は体力テストという名称でAランクだとAバッチがもらえる。このバッチ、子ども時代のokirakuのあこがれのものだった。小学生のokirakuは、走ったり飛んだりは得意だが、投げることが苦手で合計点は1級に届いていても、最低点をクリアできず(1級になるには合計点が何点以上、すべての種目で最低点が何点以上、という規定がある)ずっとずっと2級だったのだ。「え~っ、okirakuちゃんが2級って意外~!!」とか言われながら、手に届かなかったバッチだったのである。


時を経て、我が子が小学生になり、1級バッチがAバッチと変わったが、なんにせよ憧れていたAバッチを手に取った時、感動した。「あぁ、これが・・・」。
c0100565_17424648.jpg


そして、我が子の成績表のグラフを見て、びっくり。すべての数値を振り切っている。ほぼ満点。すごい・・・。「すばらしい体力です」「すばらしい筋力です」と誉め言葉がまぶしい。知力の方の成績表でもそのような評価が得れればいうことないが、それは望みすぎであろう。人には得意、不得意があるものだ。


そんなkentoの気合の入れ方は違う。大得意な投げる、握る、といった種目は、学年1位狙いである。ソフトボール投げの日なんか、肩を温めとかないと記録も伸びないし、肩も痛めるから、といって早朝からボールを投げ込む念のいれようである。(ちょっとメンドクサイ・・・)その甲斐あって、6年連続Aバッチ決定!!!




ちなみにsoutaは全く気合を入れることなく、Aバッチである。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-06-17 17:56

いい曲!!

先日の運動会の組体操で使われていた曲がとてもよかった。歌声から多分『Greeeen』の曲だな、ってことは分かったが、初めて聴く曲だったので曲名がわからない。


そこで取り出したのは、i Phone4。『Shazam』というアプリを起動させると、すぐさま曲を聴きとり、歌手名、曲名を教えてくれる。すごく便利!!知りたいことがすぐわかるって嬉しい!!で、『Greeeen』の『Green Boys』という曲だということが判明。

c0100565_10301211.jpg


すっごくいい曲なので聴いてみて!現在無料でダウンロードできます。

ダウンロードはこちらから→→→Green Boys Project
[PR]
# by kensou9900 | 2011-06-05 10:53

運動会

kento、小学生最後の運動会。雨で延期され火曜日の開催となった。okirakuはPTAのバザー担当の役員なので、予定通り行われた場合、あまりの忙しさに最後の運動会をほとんど見れないという事態におちいるところだったのだが、恵みの雨により当日の仕事が激減し、子どもの出番はしっかりと観覧できることになったのでした。大ラッキー♪


soutaは今年も紅白対抗リレーに出場し、応援団では旗を振り、騎馬戦、ダンスと大満足の様子。宿題の運動会の感想では、頑張った自分をほめたたえ、来年は応援団長になるという決意をものべていました。


毎年、大感動の6年生の組体操。今年はガッツのある学年らしく、難易度の高い技を成功させていました。隣をみると、感動した母たちがそこらじゅうで涙をぬぐっているのでした。

c0100565_1337237.jpg

最後の技、55人ピラミッド。kentoは荷重のかかる中央の部分でみんなを支えているので、顔も姿も見えません。力持ちなので仕方ありません。いつものことです。縁の下の力持ちとは、まさに字のごとし。


今年は初めての5月開催。毎年9月の運動会は残暑が厳しすぎて子どもが倒れるため、時期変更になったのだが、快適で良かったです。パートナーはびっくりするほど日焼けしてましたが・・・。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-06-01 14:09

キラキラ☆ネイル Part 13

c0100565_17484447.jpg


爽やかなブルーでキラッキラッしてます。
[PR]
# by kensou9900 | 2011-05-27 17:51

これって正夢!?

夢を見た。大会開会式でsoutaが優勝旗を返還してた。ってことは、この大会は優勝するってこと!?テレビ局が冠スポンサーのこの大会は準々決勝(ベスト8)からの試合が放送される。決勝戦は実況中継つきである。そして優勝チームはスタジオでインタビューまでされるのである。もう、okirakuの頭の中は子供たちをスタジオに連れて行くイメージでいっぱい。「なんか負ける気せんのんよな~」というkentoの自信も頼もしい。



58チームが予選大会を戦い、勝ち進んだ24チームが本大会をトーナメント方式で戦う。順調に勝ち進み、決勝戦進出。ついにきたわ~、決勝戦。去年は、準々決勝で引き分け、くじ引き抽選負け。ベスト8で敗退した悔しい思い出がある。決勝戦をテレビで見ながら、くじ引きで負けてなかったら戦っていたのは自分たちだったのに・・・。優勝したかったし・・・。それぞれがテレビを見ながらそう思っていたはずだから、感慨もひとしお。



決勝戦はカメラの台数も一気に増えるし、特別感が漂う。子供たちは特に緊張した様子もなくプレーしてたけど、なんだか打点が上がらない。最終回2アウト2,3塁での状態でも最終バッターが打つことを信じてたけど、結果は2-0で負けた。決勝戦の相手は先週の大会と同じチーム。先週はこっちが勝ったけど、今週は負けた。・・・残念だけど、仕方ない。勝負というものはそんなもんです。


c0100565_22511796.jpg


思いを言葉で表すのは難しいけれど、がんばっている子供たちを見て湧き上がってくる感情は『誇らしさ』という言葉が一番ぴったりくるかな。ほんと、かっこよくて惚れ惚れします。

c0100565_22525053.jpg


最後の瞬間まで正夢かと思ってたけど、どうやらokirakuの強い願望だったようです・・・。


とりあえず、春の大会は終了。次は暑い熱い夏の大会だ。また、どれだけ伸びるか楽しみです♪
[PR]
# by kensou9900 | 2011-05-16 23:12