<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

福袋

お買い物好きなokiraku、ショップにもよく行くが、ネットショッピングも大好き。24時間好きな時間にお買い物出来て、家まで届けてくれる。okirakuの住む田舎では入手困難なものが、家にいながらあっさり手に入るなんて、ブラボ~!そんなokirakuが今月勝負をかけているのが福袋。福袋といえば、お正月の風物詩だがネットでは12月に予約販売されるものが多い。中身がオープンになっているものが多いのも、なお良し。お正月に行列してまで買うガッツは持ちあわせていないokiraku、ネットでゲットすべし。

どんなものでもそうだが、欲しいものをゲットするのに大事なのは情報。お気に入りのブランドがいつから販売されるのか、知っておく必要がある。okirakuのお目当ては子供服。人気のものは瞬間ソールドアウトしてしまう。時計を見ながらパソコンに向かい、一秒を争い注文ボタンをクリックする人達を想像するとなんだか怖い・・福袋のために一日過ごすわけにはいかず、なかなかゲット出来ない。残念・・・okirakuの子どもが息子ではなく娘ならここまで情熱を燃やさなかったかも。汚すし破るし、枚数必要なんだもん。しかも丈夫な服は高いのだ。

それにしても福袋というのは、どうしてこうも日本人の買い物心をくすぐるのか?この時期テレビでも雑誌でも特集が組まれる。車100万円、別荘1000万円、宝石2000万円、など一体どんな人が買うんだろう。子供服以外の福袋には手をつけないokirakuだが、ありとあらゆる福袋たちの、その中身には興味深々なのである。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-27 22:06

ブラックサンタ

世の中が浮き足立つ今日、クリスマスイブ。息子達も例外ではない。テンション最高潮!!裸族となりダイニングテーブルで踊る次男を見て思う。落ち着け、息子よ。okirakuのDNAには、そのようなテンションの高さと行動パターンはないはずだが・・・なんとかクールダウンさせないと、okirakuが夜までもたない。

息子達を呼び寄せ、ブラックサンタの恐怖という話をしてやる。もちろんokkirakuの創作。サンタさんがプレゼントを配った後、ブラックサンタが現れる。そして子ども達のプレゼントを奪い取っていくのだ。防ぐ方法はただひとつ。今日一日良い子にして過ごすこと。

笑っていた息子達、次々質問してくる。ひげは黒いのか?服も黒いのか?もし見てしまったら、どうしたらいいのか、などなど。努めて冷静に、淀みなく答えるokiraku。息子達の顔が真剣になってきた。すっかり信じたようだ。ただでさえ素直で想像力豊かな長男。彼の頭の中では、ブラックサンタがいきいきと思い描かれていることだろう。ブラックサンタの恐怖におののいた彼は考える。どうすれば阻止できるのか?そこからの彼の行動は素晴らしかった。冬休みの宿題に取りかかり、かいがいしく弟の面倒をみる。だって、自分だけ良い子にしてても、弟のところに来たら怖いじゃん、という彼の気持ちが読み取れる。かわいいやつだ。

しかし、okiraku誤算が一つ。みんなに教えなくてはと思った長男、親切心から出会う子ども達に語っていく。聞かされた子ども達、信じる。なんて純真な子ども達、かわいい~~~!いつまでこの手が通用するのか分からないが、もうちょっと楽しませてもらおうっと。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-24 22:13

涙。

okirakuはよく泣く。しょっちゅう泣いている。今日はDR.コトー診療所最終回をみて涙した。広末涼子がポロポロ泣いているCMがあるが、あんな感じ。映画を観て泣き、テレビを観て泣き、本を読んで泣く。子どもの運動会や学芸会でもウルウルしてしまう。精一杯頑張る姿や、人が人を想う言葉や行動に、過剰なまでに反応してしまうのだ。子どもの頃からそうだった。小学生のokiraku、年末時代劇スペシャル『白虎隊』をみて号泣。その時流れていた曲も覚えている。堀内孝雄の『愛しき日々』。今年の紅白で歌うことを新聞で発見。もう15年以上見ていない紅白を、そんな理由で見たい気持ちになったのはokirakuぐらいかもしれないが・・・そんなokirakuのお友達はやっぱり感動やさんが多く、みんな、よく泣く・・・

okirakuが今までで一番涙したドラマは『北の国から』。どこまでも貧乏くさいドラマだが大好きだ。ちなみに、okirakuの弟は幼稚園の頃、『おしん』をみて毎回泣いていた。似たもの兄弟である。数々の映画で泣いたが、映画館で泣くのは恥ずかしい。涙がぽろり、ならいいが、号泣ものは困る。場内が明るくなり、現実の世界に戻ったとき、目も鼻も真っ赤にしている姿は身の置き所がないのだ。そんなokirakuのお気に入りの映画は『風とともに去りぬ』『ショーシャンクの空に』『ロッキー4』である。来年4月に公開予定の『ロッキー6』は、還暦を迎えたスタローンをみるのがなんだか怖いのだが。コメディーも好きだが、思いっきり泣くとすっきりするんだよね。涙って、感動して流す涙と、悔しくて流す涙は味が違う。涙に含まれる成分が違うんだって。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-22 01:12

ウコンラーメン

荷物が届くのが好き。宅配業者さんが毎日いろんなものを届けてくれる。お買い物好きなokirakuが何かしらお取り寄せするせいもあるが、いろんな方からさまざまなものを頂く。

今日届けられたのはウコンラーメン。なぜラーメンにウコンが入ってるんだ?おいしいのか!?酒飲みのパートナーの肝臓を気遣ってのことなのか!?送り主の洒落っ気を感じて笑えた。
c0100565_20354660.jpg

同封のチラシには、お酒を飲んだ後、便秘気味の時などに召し上がっていただければ、効果を感じていただけるのではないかと考えておりますと書かれている。なんという曖昧な表現。長々と書かれた文章すべてが遠慮がち。微妙~。このウコン練りこみヘルシーラーメンには、しょうゆ、豚骨、カレー味のスープがついている。果たしてどの組み合わせがヒットなのか?ちょっと勇気いるかも・・・

c0100565_2048978.jpg

弟夫婦からの嬉しい贈り物。ありがと~!

贈り物って、もらって嬉しいだけじゃなく、送るのはもっと嬉しい。相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、何をプレゼントしようか考えるのはとっても幸せなことだと思うのだ。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-16 20:57

スイートテン

okirakuが結婚する時、パートナーに言った。「エンゲージリングはいらないから、10回目の結婚記念日にスイートテンダイヤモンドが欲しい。」そして、今日、結婚10周年のアニバーサリー。

律儀なパートナーはその日が来るのを楽しみにしていたようで、半年をきったあたりから、しきりにお店に行ってみようと誘ってくる。「やっぱりダイヤより腕時計がいい」と、品揃えが豊富そうな宝飾店に行ってみた。素敵な時計たちに目が眩んだパートナー、ロレックス購入。何しに来たんだ!!

別の日、気になっていた宝飾店に行き、店員さんにうやうやしく出迎えられる。オメガかカルティエがいいなぁ~と思い、いろいろお話しながらバカラのグラスにつがれたグレープジュースをいただく。あまりにおいしかったので、どこで買えるのかと聞くと、イタリアからの直輸入で日本で買えないと言う。それなら、わけてもらえないかとお願いすると、限定品なので、とやんわり断られた。時計を買いに来て、ジュースにくいついちゃったよ・・・。細身のシンプルな時計を普段使いしたいokiraku、カルティエのサントス ドゥモワゼルに決定。ピンクシェルのフェイスが上品だ。
c0100565_21435386.jpg


10年間いろいろあったけど、楽しかった。これからもずっと楽しい日々が続いていく。最良のパートナーに出会えたことに感謝!
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-14 21:50

破れる・・・

okirakuは縫い物が苦手。出来ないわけではないが、気がのらない。中学時代、家庭科でのスモック作りはつらかった。なぜ、そんなに嫌だっだのか?今思えばそのスモックがダサかったからだろう。もしかわいかったら、ワクワクしながら作ったはずだ。しかし、縫い物はokirakuにとって、しなくていいならしないもの、というカテゴリーに分類された。

それなのに・・・最近のokiraku、しょっちゅう針をチクチクさせている。何を縫っているのか?三日でひじまで裂けたスクールセーター。おしりの割れた学生ズボン。すぐにちぎれる学生服のボタン。ゴムの伸びた赤白帽。などなど。どうしてこうも毎日毎日繕うものがあるのか?「ママ~、これはさすがに驚くよ~」見事なまでに破れたスクールセーターを、得意そうに見せられた時はさすがに倒れそうだった。ジーンズだって、ジャージだって、厚手のトレーナーだって、容赦なく破いてくる息子達。一体何をどうしたらそんなことになるのか、全く理解不能である。

大人になったokiraku、気がのらなくても、するべきことを黙々とこなしている。息子達には料理だけではなく、裁縫も教えなくては・・・自分の身の回りのことは自分で出来る人間になって欲しいと強く願っている。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-11 22:22

口福

HAPPY HOURという会員誌をパラパラめくっていたokiraku、「口福」という言葉を発見。「幸福」ではなく「口福」。何の記事かというと「お箸」。‘‘何本持っているか、よりも何種類持っているかがたいせつ。お料理ごとに、お箸を替える小さな「口福」”だって。 
食事ってすごく大事。ただ食べるだけでなく、食材を慈しむようにいただく工夫やありかたが、心と体の元気を保つ。

記事を読み進めると、うどん用、そば用、パスタ用、納豆用、魚用のお箸の紹介。すべての箸先の形状が違っている。うどん用なら、つるつる逃げる麺をしっかりつかめる角張り型。納豆箸は箸先がかき混ぜやすい平型。すごーい!そんなお箸あったんだぁ~。全種類使ってみたい衝動にかられたが、冷静に考えて、使い分ける自信なし。そんなこと出来そうなのはharapekoちゃんくらいか!?

okiraku愛用のお箸はお誕生日にhirokoちゃんからプレゼントされたもの。気の利く彼女はokiraku好みの箸先が細く食洗機OKなお箸をセレクトしてくれた。おかげで超お気に入り。それでも、メニューにあわせてお箸を選ぶ気持ちに余裕のある生活っていいなぁ~と思うのだ。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-08 13:43

学芸会

今日は息子の学芸会。ワクワクしながら、小学校へ向かう。学年により開始時間も場所も違う。システムがよく分からないまま到着したokiraku、自分の見通しの甘さを実感。息子が見えない。どこにいるか探せない。okirakuから見えるのはビデオを構える親達の後姿と、その隙間から見える一部の子ども達のみ。okirakuの息子が通う小学校は新しく、教室の前にちょっとした広場のようなスペースがある。プログラムによると、そこで一年生全員ではじめの言葉、演奏をした後、教室に戻り、劇「はだかの王さま」、おわりの言葉となっている。しまったぁ~!こんなことならどのあたりで演奏するのか聞いておくべきだった。結局息子がどの楽器でどのパートを演奏したのか全く分からないまま終了。こんな事息子に言えない・・・息子よ、君の頑張る姿を見ることの出来なかった母を許してくれ・・・

ここは劇にかけるしかない。来れなかった父ちゃんのために、劇はしっかりビデオに撮っておくからねっ。旧式の重いビデオを構え順調に録画する。おもしろいじゃん、はだかの王さま。子ども達かわいい~!小学一年生なんてまだまだちびっこ。ほのぼのとした気持ちで暖かく見守る。んっ?モニターにテープ残量あと5分の表示。がぁぁ~ん。新しいテープ忘れた・・・挽回の余地なし!うろたえるokiraku、息子と目が合い満面の笑みを返してみた。

はじめからおわりまで、たった30分であっけなく終了した学芸会。自分の詰めの甘さにがっくり肩を落とし、トボトボと家路についたのだった。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-06 12:54

うちのハムちゃん

okirakuん家のハムスター、ひこざるとぽっちゃまは、すこぶる順調に成長している。コロコロしててフカフカだ。
c0100565_10263685.jpg

育てだして分かったことだが、ハムスターは夜行性。夜になると俄然やる気が湧いてくるらしい。ゲージに設置している回し車をカラカラ回して、大運動会が始まる。非常にやかましいのである。回し車を設置して最初の三日ほど全く近寄らなかったひこざるとぽっちゃま。最初に乗って回してみたのはぽっちゃま。遅れること数日、ひこざるも乗りこなすようになった。おもしろさにはまったか?それとも他に楽しみがないからなのか?本当に良く回す。どこまでも回す。とりあえず回す。回し過ぎて高速回転になり振り飛ばされるひこざる。まぬけである。しかしその愛らしさはいくら見ていても飽きないのだ。okirakuこんなにはまるとは・・・

うちに来た時には分からなかった性別。どうもひこざる女の子、ぽっちゃま男の子な気がしてきた。ひこざるの尋常ではない体の丸さが気になる。懐妊か?ただのおデブちゃんなのか?ドキドキだ。産まれるといいなぁ~。赤ちゃんの誕生を心待ちにしているokirakuなのだった。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-04 10:50

イルミネーション

c0100565_16504745.jpg
街に輝くイルミネーションが美しい季節になった。冬の冷たく澄んだ空気は光をよりクリアに見せる。okirakuはイルミネーションが大好き。明かりが煌めく空間に身を置くと、とっても幸せな気持ちになる。実はokiraku、照明コンサルタントの資格も持っていたりする。しかし、我が家をライトアップするという発想は全く持ち合わせていなかった。
それなのに、世の中、自宅の庭をライトアップする人、続出中。ホームセンター然り、LEDランプなどのイルミネーション用品の売り場が年々拡大していることをみても明らかだ。

okirakuが住んでいる山の上の団地でも、きれいにライトアップしているおうちが増えていて、きれいだね~、と道すがら眺めていた。しかし、見ているだけでは納得出来なくなった次男の熱い要望により、我が家もついに木一本だけだが、ライティング。適当に巻きつけただけだが、それなりにきれいだ。画像にすると、ホタルのひかりか!?ってくらいしょぼかったので、ここではお見せできないが・・・うっとり眺めるokirakuと次男。その横で、もう見たんなら消していい?と冷静な長男。見てないときにキラキラさせたら、電気代がかかってもったいないらしい。みんなが電気いっぱい使ったら地球に良くないじゃん!だって。なんてエコな人間なんだ!!まったくもって、君は正しいよ・・・でもなぁ~、ちょっとぐらいいいじゃん、と思うokirakuと次男である。
[PR]
by kensou9900 | 2006-12-01 16:53