<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ラヴ☆レター

習字教室で女の子から手紙を渡されたkento。宛名は『そうちゃんへ』。kentoにではない。そういえば、バレンタインデーにもこの子からsouta宛のチョコを託されたのだった。



そうちゃんへ
まな(仮名)は そうちゃんのことが大すきだよ。
そうちゃんは まなのことすき?
ときどきへんなことしたときはいやだけど、
にこにこわらっているときは大すきだよ!!
だからいつもわらっていてね。
わらっていてくれたら まなも元気がでるから
いつもえがおをわすれないでね!!
                      まなより



小3女児によるお手紙です。完成度高し。書き慣れています。
見た目おとなしめのかわいらしい女の子からです。
いつもおバカな男児とばかり戯れているokirakuにとって、ちょっと驚きです。



手紙ありがとう。
まなさんは頭が良くて足がはやいところがいいと思います。
これからもよろしく。          soutaより



クールにさっさと手紙を書いていたsouta。それにも驚いたけど、それ以上にそんなsoutaをリスペクトの視線で眺めていたkentoが印象的でした。
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-28 14:41

三度目の・・・

この歳にして日々日焼け更新中。毎週末はほとんどグラウンドで過ごすので、いまだ紫外線に攻撃され続けている。もしokirakuが、落ち着きのある女の子ちゃんの母ならまったく別の生活モードで暮らしており、かつての色白肌を今よりはキープしていたはずだと思うとちょっと損した気になる。怒りすぎで刻まれた額のしわもきっとないだろう・・・。とは言っても、男の子の母も楽しいんだけどね。


大会続きの今日この頃、ようやく念願の優勝しました。今期3度目です。


練習試合では圧勝続きなのに、大会では勝てない。まさかの1点差負けで、優勝旗が手に届きそうで届かない。あと少しのもどかしさ。勝ち続けるのって本当に難しい。


昨日の大会は、実績のあるチームが招待されて戦うトーナメント式。強豪揃いだ。


決勝戦、2-1で、最終回攻撃2アウトからの劇的な逆転勝利。勝利が決まった瞬間、心臓止まりそうな緊張感に倒れそうになっていた母たちは抱き合って喜び、父たちは安堵し、子供たちは笑っていた。そして、涙を流す子も。この涙は、ほっとしたからなのか、嬉しかったからなのか。

c0100565_9571446.jpg
優勝した時のみ許される帽子投げ。みんなうれしそうな顔になる。
c0100565_9574031.jpg
チーム力の勝利です。


大会役員さんや審判員さんにも、素晴らしい試合だったと褒めていただきました。どんな、ドラマや映画よりも目の前で繰り広げられる子供たちの真剣なプレイが、感動の一日だった。こんな思いをさせてくれる子供たちに感謝!!
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-26 10:16

表彰式

ある日、soutaが学校から持って帰ってきた茶色の封筒。表書きに達筆な字でsoutaの名が書かれている。
怪しい・・・。彼のしでかしてきた数々の出来事を考えるに、これは苦情でしょうか・・・。脳裏に一瞬、菓子折りを持って謝りに行く光景が浮かんだ。・・・怖すぎる。


しかし、ビビッていても仕方ないので勇気を持って開封。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!?


何と、表彰式への招待状だ!!え~、そんなことあるんだ~♪


夏休みに描いて提出した絵が入賞したらしい。倉敷芸術科学大学での表彰式に出席してください、とのこと。えぇ、えぇ、もちろん行かせていただきますとも。しかし、「めんどくさいからやだ。」とsouta。

何で~???いろいろ誘ってみても頑として首をたてに振らない。そこで、kento投入。「いいな~、俺だったら表彰式行きたいわ~。」とkentoが言うと、「じゃあ、行く。」とsoutaあっさり落ちる。時として、母より兄の言葉の方が響くようだ。兄弟とはそういうものか。

c0100565_851463.jpg

銅賞までは一人ずつの授与だが、入選は「以下同文」であっさりしたもの。それでも顔がこわばっていたsouta。実は恥ずかしがり屋さんなのだ。たまには、緊張する場所で緊張することを経験するのはいいと思う。心配するよりやってみたら案外たいしたことなかったな、ってこと多いから。
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-25 09:43

コルテオ

今日で最終日を迎える『コルテオ』大阪公演を観に行ってきた。

観に行った人から「すっごく良かった!!絶対観た方がいい!!」って勧められるものだから、「観てみたいなぁ」から「絶対行こう」に変わった『コルテオ』。すぐに予約したが、とれたチケットは2ヶ月先の、10月だった。
c0100565_16215125.jpg

家族4人で約4万円のチケット代に、今までスルーしてきたけど、やっぱり行って良かった。

話題の映画や本など、大絶賛する人がいるのと同様に、大批判する人もいるものだけど、『コルテオ』に限っては、観に行った人が口を揃えて「行ったらいいのに。」と言う。それが、ちょっと不思議だったけど・・・。

実際観て分かりました。いやはや、すごいです。人ってこんなことが出来るんだ!!の連続。衝撃的です。凄いものを観てしまった感でいっぱいです。エンターテイメントのクオリティーも高く、満足。楽しかった~♪

詳しい内容は述べません。ぜひ実際に観に行ってみて!!次は東京公演です。
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-18 16:51

合宿 in 鞆の浦 (2)

2日目は、朝5時半起床で朝食をとり、試合会場へ向かう。福山の大会に招待チームとして参加してきた。

前日の絶好調に気をよくして、「優勝しちゃったら、トロフィー返しに来年も来ないといけんね~♪」と浮かれ調子の母たちだったが、世の中そこまで甘くない。それでも、普段使い慣れていない大きさのボールでの投打はいい経験になったと思う。

c0100565_92338.jpg

6戦中 5勝一敗の戦績はまずまずかな。しかし、どんなものでもそうだけど、全勝するというのは難しい。

c0100565_925868.jpg

チームの最優秀選手に与えられるメダル(?)が『げた』の形で驚く。この地方の特産品が『げた』と『いぐさ』で、この形になったらしい。大会名の『げたリンピック』と書かれている。これをもらって嬉しいかは微妙。しかし、子供たちは受賞者しげちゃんから借りて、自分の首にかけて喜んでおりました。

c0100565_942573.jpg

病気や怪我もなく、無事に帰って来れて良かった。子供たちが大人になった時、子供時代の楽しかった思い出の1つとして覚えていてくれると嬉しいな、と思う。
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-15 09:46

合宿 in 鞆の浦 1日目

夏休みに企画して、雨天延期となったソフトボール合宿を10月10日~11日の一泊2日で決行した。okirakuも引率保護者として参加。遊び中心の夏の企画とは異なり、秋は強化合宿の様相を呈していたが、大勢で動けば愉快なこと満載で、楽しい合宿となった。

c0100565_9461665.jpg

子供18名、父(監督・コーチ)5名、母3名、計26人を乗せ、バスは8時半に出発。鞆の浦を目指す。地元では有名な『阿藻珍味』でちくわ作り体験。鯛のすり身を竹の棒にくっつけて形を整え、焼いてもらう。


c0100565_9464044.jpg


真剣な表情の子供たち。ちくわ一本にも子供の個性が出て、おもしろい。
c0100565_9541465.jpg


移動して、公園でお弁当を食べ、地元の小学校に向かい、練習試合を3試合こなす。


なんと、同じ小学生なのに使うソフトボールの大きさが違うという衝撃の事実。倉敷は1号ボールだが、福山では2号ボールなのだ。なんでなんだろう?

使い慣れていない2号球で試合をしたにもかかわらず、試合は3試合とも圧勝。プレッシャーがなかったのが良かったのかな。超ご機嫌な一行がホテルに着いたのは、もう日が落ちる頃だった。

c0100565_9474848.jpg


みんなで夕食をとった後、父と子供たちはとっぷり暮れた街中散策。プチきもだめしで盛り上がる。いつもクールなキャプテンが驚きのあまり尻もちをつくなど、普段みられない姿も。部屋からパンツ姿で大浴場へ向かう子がいたり、風呂でひっくり返り頭を打つ子など、事件続出の夜だった。

コーチ1名に子3名という部屋割りで、さぞ父たちは大変だったのでは、と思うが、母たちは知らん振りしてのんびりくつろがせていただいたのでした。
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-14 10:24

火天の城

映画『火天の城』を観た。

織田信長(椎名桔平)の命令で、世界一の城普請に命を削る、尾張熱田の宮大工の棟梁 岡部又右衛門(西田敏行)の安土城築城の物語である。この安土城築城には、現在の価値にしておよそ1000億円の巨費が投じられたという。

時代劇でありながら、戦いではなく築城をテーマにしているのは珍しい。ある意味、安土桃山時代のゼネコン物語であり、予算が潤沢にあるものの工期が超突貫なあたりはバブリーな時代をも彷彿させるかも。あるいは、又右衛門という実在の人物のプロフェッショナルな仕事ぶりに注目するなら、プロジェクトX的ともいえるかな?それにしても、この時代の職人さんの自分の仕事への誇りの高さに感動である。
c0100565_11151393.jpg


又右衛門の仕事にかける情熱、多くの職人を束ねる統率力や職人としての信念、権力に屈しない姿勢など、立っているだけで様になる西田敏行の演技と相まって素晴らしかった。

目を引いたのは、妻の大竹しのぶの抑えた演技。さすが大女優。バラエティー番組に出ている時とは別人だ。

重機のない時代、人力だけで城を建てるには、想像を絶する大変さだっただろう。そして、この城がたった3年で焼失し幻の城となったのは、本当に残念だ。

歴女ブームという割には、若い女の子は見かけず、年齢層高めの客層だったのは何故だ?
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-04 12:07

10月だけど・・・

衣替えの季節になっても、まだ暑い。


ひまわりと
c0100565_20155596.jpg


コスモスが
c0100565_20161614.jpg


一緒に咲いてる今日この頃。
[PR]
by kensou9900 | 2009-10-03 20:19