<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

金魚失踪事件

夏といえば祭り。土日は地域の行事やソフトボールの大会があったりで、大きな祭りには行けないのだが、こじんまりとしたローカルな祭りにはガンガン参加。

c0100565_11235615.jpg


金魚すくいを夢中でするkentoとsouta。6匹ゲットし喜び勇んで我が家へ帰宅。納戸から水槽、酸素がぶくぶく出る機械などを探し出し、嬉々としてセッティング。そこまでは良かった。上出来だったのだ。しかし・・・。まさかこの後、とんでもないことがおこるとは・・・。

c0100565_11291375.jpg


しばらくしてkentoが叫ぶ。「黒の出目金がおらん~~~!!」そんなバカな。猫もいないし誰も触ってないし、神隠し?「ほんとなんだって。おらんのんよ~」「大きい金魚が小さい出目金食べたかな~?」「はぁ~?金魚は共食いせんよ」などど言いながらみんなで水槽をのぞきこむ。
 

いない。さっきまで泳いでいた小さな黒の出目金2匹の姿が忽然と消えている。一体どこに・・・?



あっ!もしかして?ポンプに吸い込まれたのでは・・・?恐る恐るポンプを確認したけど見つからない。?????soutaが叫ぶ!「あ~~~っ。目玉がある~!!」ぎょえぇぇぇ~。ポンプの管の曲がっている一番奥、ちょっと見には気づかない奥まったところに、かつて2匹の出目金だった物体が挟まっていた。苦労して引き出したら下半身は消えていた。うぅぅ、ごめんよ出目金。許してくれ。まさかこんな惨劇に発展するとは・・・。茫然とする3人。悲しい出来事であった。


教訓:小さな金魚はポンプに吸い込まれる。


ポンプの水の吸い込み口にガーゼを輪ゴムで止め、今後の事故防止策をとらせていただきました。合掌。
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-29 12:01

今日もまたプール

okirakuは心配性である。こと子供のことに関しては非常に小心者である。なぜなら過去彼らがしでかした数々の惨事により、「うちの子なら大丈夫」あるいは「うちの子にかぎって・・・」などという考えを持てないからだ。「もし何かあった時、連絡が取れなかったら大変」という緊張感を常に持って暮らしている。だからどんなに暑い日で、どんなにビールが飲みたくっても、子供たちが夕方家に帰ってくるまでは絶対我慢。緊急出動できないと困るから。


しかしながら、彼らも大きくなりつつあるので手を離していかなければならない。段階的に手綱を緩めているのだが、片道5キロ弱の市営プールまで自転車で子供だけで行って遊んで帰ってくる、という行動にはまだ賛成できなかった。『学区外』『自転車』『子供だけ』というキーワードでNG。中学生なら全然OK。


今日は、朝7時から昼12時過ぎまでソフトの大会予選を戦い、その後大急ぎで昼ごはんを済ませた子供たちを車で市営プールに送った。去年まで一緒に入場していたが今年は子供たちだけで昼1時過ぎから夕方5時半までプールで過ごさせることにした。全員『50m泳力証』も持ってるし、プールサイドにいるおじちゃんが厳しく指導してくれるはずだから大丈夫、なはず。


自分が小学4~5年の頃は、たいがい距離、結構遠くまで一人で、あるいは子供だけで出かけていた事実があることはわが子には内緒。そのことを親に報告していたのか内緒だったのか覚えてないが、特に心配されてなかったような・・・?


明日も早朝から昼までソフトの別の大会予選だが、午後からまたプールに行く気なんだろうか?何はともあれ、無事に夏休みを過ごして欲しいものです。
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-24 16:29

あ~夏休み!!

ついに始まった 2010 夏休み。すでに3日経過したのだが、彼らのアドレナリンはとどまることを知らず、放出されまくり。分刻みでスケジュールがこなされていくような遊び方。ちっとも、まったりすごしたりしない彼らは年々スケールアップしているような!?


今日は猛暑の中、朝7時半から昼13時半まで捕ったり打ったり走ったりのソフトボールの練習をして、シャワーを浴び遅い昼食を澄ますと、14時半にはお迎えの車に乗って酒津公園へGO!!ガンガン川で泳ぎ、只今公園で爆走中だそうな・・・。日が暮れるまで帰ってこないであろう。

c0100565_17163219.jpg

まっちゃん母から送られてきた写真には、ガンガン前に進むkentoとその後ろにまっちゃん、水に入るのをためらうsoutaの姿が写っておりました。


ちなみに昨日は学区の夏祭りで、昼14時から夜21時まで会場の校庭で遊び倒していたのだが、こんなことで疲れたりはしないのである。そして毎日このペースであと1ヶ月半。せわしい日々が始まりました。
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-19 17:43

ビバ お中元

この時期、毎日届く贈り物に感謝です。
c0100565_9513624.jpg

福島に住むhirokoちゃんからのサクランボにはときめきました。

みなさま ありがとうございます。
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-14 09:56

夏用 メガネ

まぶしい。グラウンドにいる時、車を運転している時、紫外線が眼球を直撃して目が痛い。土ほこりや黄砂や花粉にやられて、コンタクトレンズ派からメガネ派になったokirakuだが、最近は紫外線からのダメージが深刻だ。なにか対策しなければ・・・。「そうだ。サングラス買おう!!」


メガネ屋さんのサングラス売り場をウロウロしながら悩む。やはりサングラスだから、レンズはブラックかダークなブラウンで大きめのフレームなものばかり。うぅ~む。かけてみる。・・・どうだろう!?これ、子供のソフトボールの応援にかけてグランドにいたら、めっちゃ迫力ありすぎじゃないだろうか・・・?


一人で考えても仕方ないので店員さんに相談する。かけたい場所はグラウンドと車、紫外線から目を保護したい、目立ちたくない、と希望を述べると、思いがけないナイスな回答が返ってきた。

それは紫外線カットレンズの最も色の薄い度入りレンズを普通のフレームに入れるというもの。一見普通のメガネにしか見えないのだが、紫外線はカットしてまぶしくないのである。okirakuの希望通りでグッドである。

c0100565_16555191.jpg


出来上がったのが上のメガネ。薄いイエローのレンズが入っているけど、目立たないのでこれを夏用のメガネとして使おうと思います。ほんとに全然まぶしくないので感激!!メガネも進化してます。
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-07 17:06

人生時計

人生時計とは、人の年齢を一日の中の時刻に置き換えてみるもの。平均寿命を約80歳として計算すると、80歳が24時ということになります。つまり、1年で18分進むわけです。

20歳が6時、40歳が正午、60歳が18時となります。

この人生時計をみると、子供たちの人生はまだ夜明け前だということが分かります。7歳の小学1年生の子は、まだ、深夜の2時06分です。6年生が3時36分で、中学3年生が4時30分なのです。毎日の生活で、こんなに早く起きる人は滅多にいないはずです。つまり、子供たちの人生は、まだ夜明け前の熟睡状態なのです。

今勉強ができないからといってその子の人生を決めつける必要はないのです。今引っ込み思案で困るといっても、それが一体何ほどのことがあるでしょうか?宿題をやらずに遊びに行ってしまう?それがどうしたというのですか。 

 『「叱らない」しつけ』 親野智可等 著 第2章から引用

c0100565_152513100.jpg


子供はみんな夜明け前の夢の中。そう思うと子育てがもっと楽しくなるなぁ。

そしてokirakuはそろそろお昼ごはん。楽しかった午前が終わり、もうすぐ午後。午後も充実した人生を送りたいものです。
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-04 15:36

ソフトボーイ

kentoの希望で映画『ソフトボーイ』を観てきた。

佐賀県の高校の実話がモチーフ。県内初の男子ソフトボールチームを創部すれば全国大会に出場出来るはず。軽いノリで始めたソフトボールを通じて成長していく高校生たちの姿を描く青春物語。

c0100565_1636552.jpg


劇中で9人の部員たちみんなで素振りするシーンでsoutaつぶやく。『あれ、AX4だ』。そうです。創部間もないへたくそな部員たちが振り回していたのは、全国の(結構マニアックな)ソフトボール少年あこがれのバット『AX4』だったのです。『ありえんくね?あんな何本もAX4って!?』とkento。1本3万円するバットを初心者が購入するのは現実的ではなく、ここは数千円のバットの方がリアリティはあったと思うが、ミズノの協力あっての映画だったのでしょう。そんな細かいところに注目していた人は少数派かもしれないけど、ユニフォームもバットもグローブもロゴがうつったのはすべてミズノだっだもの。そして、映画を観終わったsoutaの感想は『俺、やっぱりAX4欲しいわ~』でした。


映画自体は、ゆるゆるだけど感動。とっても爽やかな押し付けがましくない映画。どんなことだって、「やってみらんとわからん!」そうそう、その通りです。最後まであきらめない姿は最高です!
[PR]
by kensou9900 | 2010-07-01 17:11